リスティング広告で人材募集

リスティング広告で人材募集

キーワード分析

求職者がどのようなキーワードで仕事探しをしているかご存知ですか?オープンズでは、採用ターゲットの「検索キーワード分析」を徹底的に行います。これは、求職者の置かれた状態や環境によって検索キーワードが異なるためです。「あるキーワードで検索した求職者の採用率が高い」などの分析ももちろん可能です。

広告文の作成

広告文とは、検索結果画面に表示される「広告」のことです。検索したキーワードごとに適切な広告文を作成することで求職者を採用ホームページに流入させることができます。この広告文の作成にはノウハウが存在します。オープンズは「求人専門の広告運用会社」なので求職者がクリックしたくなる広告文を作成しています。

採用ホームページ

応募数を増やすために最も重要なのが「採用ホームページ」です。採用ホームページの企画・コンテンツ・デザインによって応募数はまったく異なった結果となります。このためオープンズでは機械学習・統計学を用いた募集ページのA/Bテストを必ず行っています。「応募数が増える採用ホームページ制作」にこだわります。

「求人リスティング」は新しい採用戦略です

人材募集、人材採用の手法は、求人メディアの活用や派遣・人材紹介など、さまざまな方法が存在します。その中で「求人リスティング」は新しい採用手法となりますが、すでに多くの業種・業態・募集職種で活用されています。

特に「タクシー求人」「ドライバー求人」「警備求人」「営業求人」「高収入求人」「寮求人」「不動産求人」など職種名での検索が多いキーワードは、求人メディアよりも採用単価が低い事例が殆んどです。

これまで「採用難易度が高い」と言われてきた業種・業態で高い効果が期待できます。

「求人リスティング」はなぜ効果が高いのか

「転職をしよう」「もっと待遇の良い会社に転職しよう」「自分のやりたいことはこれ」など、求職者が「検索」を行うフェーズ(段階)は、応募のアクションを起こす手前といえます。このフェーズにいる求職者からの応募なので、面接率や採用率は求人メディアと比較して高くなります。

一方、採用ホームページに訪れたが「応募しなかった求職者」に対して、「職場見学会」や「仕事体験会」などのハードルを下げた企画広告を見せることができます。これはリマーケティングと呼ばれる広告手法で、興味関心はあるが応募に踏み切れない、という求職者を囲い込むことができます。

このような求人メディアではできない広告戦略を行うことができるので、「求人リスティング」は高い効果を発揮します。

お任せください「求人リスティング」

「求人リスティング」で応募数を左右するのは、「キーワード」と「広告文」と「採用ホームページ(特にランディングページ)」の一貫した企画・設計力です。

求人リスティングは商品の販促広告とは異なり、求職者が検索するキーワードの分析から、求職者を動機付けさせるための広告文の作成が必要となります。これは、求人広告取り扱いの経験がなければうまくいきません。1000、2000という求人広告の取扱がなければ、人を動かす広告を作ることはできないのです。

オープンズのスタッフは、全員求人広告の取扱経験者です。募集職種の採用難易度や求人メディアの特性、料金体系など、人事担当者様と同じ目線で相談していただくことが可能です。安心してご相談ください。

PAGE TOP