HR TECH で人材募集を最適化する

データ分析でもっと良い方法が見つかります

HR TECH ならオープンズにお任せください

「HR TECH」 (エイチアールテック)と呼ばれる、人材領域におけるテクノロジーの活用とその技術が日々進化しています。人材募集フェーズにおいては、これまでの「求人メディアに募集を出す」だけでは、テクノロジーを活用している企業に太刀打ちができない時代となりました。人手不足だから人材が集まらないのではなく、テクノロジーを活用している企業に人材を奪われていると考えた方が正解です。しかし、「テクノロジーを活用する」といっても、これをすれば良いといったテンプレートはなく、個々の企業に適したテクノロジーの活用が必要となります。

オープンズは、Web Recruitingを専業とした人材採用コンサルティング会社です。2013年から現在まで、様々な業種・職種の人材募集を成功に導いてきました。こうした独自のノウハウは、書籍(「人材採用に統計学 WEBリクルーティング入門」など)で一部公開しております。
「募集全体を見直したい」
「もっと効果的な募集方法を知りたい」
「自社の採用サイトをもっと活用したい」
こうした課題に最適解をご提案できるのが当社です。常時募集をしている大手企業様、業界1位を目指す中堅企業様、募集は年に数回の中小企業様、それぞれに最適な募集戦略をご提案させていただきます。

HR TECH の活用事例

Case.1 過去の検索トレンドから「未来の検索トレンド」を予測して広告を最適化する

仕事探しのタイミング

オープンズでは、求職者が「仕事探しをしているタイミング」を重視しています。例えば、タクシー会社がタクシードライバーを募集するとき、まずは求職者が検索するキーワード(「タクシー 求人」など)を特定して、そして求職者が「いつ」そのキーワードで検索しているのかを調査します。検索にはトレンドがあるので、検索が多い時は求職者の就業意欲が高く、反対に、検索が少ない時は求職者の就業意欲が低い時と判断します。

未来の検索トレンドを予測する

過去の検索トレンドから「未来の検索トレンド」を予測して、広告の最適化(今週は広告をたくさん出す、来週は広告を抑える)を行います。これにより、応募単価、採用単価が劇的に改善されます。
リスティング広告、Indeed広告で効果を発揮します。

時系列分析

上の図は、「タクシー 求人」の検索トレンドです。翌週のトレンドが「上がる」と分析できたので=求職者が「増える」と予測できるので、通常よりも広告費を増額して多くの求職者を採用サイトに呼び込みます。もちろん、トレンドが下がる予測の場合は広告費を押さえて最適化を行います。

Case.2 「100%採用できる採用サイト」を目指す

積極的なウェブテスト

オープンズでは、「100%採用できる採用サイト」を目指してウェブテスト(A/Bテスト)を積極的に行っています。ウェブテストとは、AとB、2つの募集ページを用意して、同時期に、且つ求職者をランダムに振り分けて、AとBでは、どちらのページがより応募者を獲得できるかを調査するテストです。

検定で正しい判断をする

最も重要なポイントは、AとBに差があるのかを判定する基準です。単に応募数が多い方が選ばれているケースを散見しますが、それは誤りです。統計検定を用いて、「Aの方が良い」と積極的に支持できる判断を行う必要があります。こうした知識と経験で、100%採用できる採用サイトの運用を目指します。

お問合わせ

データを基にした最適な採用戦略をご提案しています。お気軽にご相談ください。
■お問合わせ■