応募者を増やす

オープンズの使命は「応募者を増やす」ことです。
人材採用においては面接率や採用率などの歩留まり率の改善や採用後の定着率の改善など、募集から採用・定着・戦力化までさまざまなプロセスがありますが、こうした一連のプロセスの中でもっともシンプルに、かつ大胆に人的課題を改善できるのは「応募者を増やす」ことです。
「No measure, No Control」(計測しなければ、制御できない)と言われるようように、オープンズでは、採用サイトと求職者の行動を数値で計測し、分析結果を次のWEB施策に反映して応募者を増やしていきます。

求職者を「集める」

求職者は、「飲食店 求人」「ドライバー 求人」「タクシー 求人」「期間工 求人」「高収入 求人」「介護 求人」「警備 夜勤 求人」「東京 寮 求人」など、さまざまな仕事探しの検索クエリ(キーワード)を使って仕事を探しています。

こうした検索クエリは、1職種につき通常1,000~2,000個程度計測され、検索の意図(情報収集、応募をするためなど)を分析することができます。同一職種の募集であっても、企業によって検索クエリは異なるため、自社の応募数・採用数を増やす検索クエリを見つけることは、WEBリクルーティングの施策の中でも重要な分析となります。

「働きたい」と検索した求職者に、企業の募集広告を表示するのが「求人リスティング」です。検索クエリにもっとも適した広告文を表示して、求職者を採用サイトに呼び込みます。

「求人リスティング」は、オープンズの登録商標です。

「採用プロセス」を最適化する

応募者が1人、2人では、科学的な改善施策を行うことはできません。だからオープンズでは「応募者を増やす」ことに注力をするのですが、求人リスティングによって応募者を増やすことができれば、データ分析による採用プロセスの最適化を行うことができます。

「採用率が80%以上の応募経路」「採用ターゲットに適した広告文」「オープニングスタッフの応募予測」など、これまでの人材募集では得ることができなかった分析結果を基に、募集予算の最適な配分や採用プロセスの最適化を行っていきます。

こうした予算の配分やプロセスの改善をアトリビューション分析と呼び、人材採用領域では「採用アトリビューション」と呼びます。

「採用アトリビューション」は、オープンズの登録商標です。

人材採用の相談をする

お問合せ・お申込み