アクセス解析・統計学

アクセス解析・統計学

サイトの課題を数値で改善します・・・アクセス解析

「今、採用ホームページにどのくらいアクセスがありますか?」という質問にすぐ回答することはできるでしょうか?

WEBの採用活動はデータが取得できるので、データを基にした採用戦略を立案・実践することが可能です。例えば、500人の訪問で5人の応募、4人面接、2名採用という統計的確率だった場合、1000人の訪問を獲得できれば4名の採用が期待できます。また、訪問者の年齢分布なども取得できるので、母集団の推測と採用ターゲットへの効果的な戦略を立案することができます。

データで答えを出します・・・統計分析

Aの広告とBの広告はどちらが効果が高いのか? 求職者はいつ・どの広告から来て、どのページを見た時に応募する確率が高いのか? 過去の応募者の検索キーワードを形態素解析する、など「統計的確率」を用いて採用戦略を立案・実践しています。

確立された理論を用いた分析結果をご提示するので、社内の稟議や判断の根拠(エビデンス)をレポートで説明することができます。

経験と勘に、データをプラス

多くの企業は有益なデータを有しています。しかし、それを採用戦略に活かしている企業は多くありません。
貴社の採用競合がデータを活用した採用戦略を実践していれば、どんなに待遇を良くしても同等に戦うことはできません。

今すぐ、データを活用した採用戦略に切り替えるべきです。

採用率の高い経路分析

決定木と呼ばれる分析手法を用いて、採用率の高い経路を分析します。例えば、「採用者の8割以上がGoogleのAという広告を見て月曜日に応募をしてきている」などが分かります。この結果を広告運用に活かします。

応募者がよく使う検索キーワード

形態素解析で応募者が頻繁に使う検索キーワードを分析します。そのキーワードを求人リスティングに追加したり、自然検索(SEO)のキーワードに追加したりします。応募率の高いキーワードをフルに活用します。

応募数の予測と課題の比較

生産年齢人口のデータから重回帰分析で新店舗の応募数を予測したり、多店舗展開をしている企業で確率統計上の応募数を下回る店舗をまとめて共通の課題を発見したりします。募集の結果を次の採用戦略に活かします。

PAGE TOP