カテゴリー別アーカイブ: パーマリンク

WordPressのパーマリンクを、「カテゴリ+投稿ID」に設定する理由

WordPress初心者の方にとってはとっつきにくい「パーマリンク」。
パーマリンクとは、ブログの投稿記事に1つ設定されるURLの事です。
このパーマリンクの技術によって、検索エンジンにインデックスされることで
ブログが単なる日記から、ビジネスで活用できるビジネスブログとして
ウェブマーケティングの中核に躍り出ました。
もし、ブログの記事が毎回異なるURLだった場合、
ブログはウェブマーケティングでは活用されなかったでしょう。

さて、WordPressで設定するパーマリンクは、

カテゴリ+投稿ID

①/%category%/%post_id%/
②/%category%/%post_id%.html

にするのがベストです。

それはなぜか?
GoogleはURLも検索結果に影響すると公言しています。
要するに、URLとコンテンツの関連性が評価基準となっているのです。

例えば、野球に関して書かれているコンテンツが2つあった場合、
一方のURLは、http://exmple.com/baseball/
もう一方のURLが、http://exmple.com/golf/だった場合、
「野球」の検索結果は、前者が上位表示されるという事です。

この例のbaseballが、「カテゴリ」になるので、目標キーワード
もしくは目標キーワードに関連するカテゴリを設定すれば、それだけ
SEO的に有利だということになります。

なお、パーマリンクの最後は投稿識別IDを設定する必要になって
いますので、投稿IDを設定して下さい。
日付設定で終了していると、日付アーカイブと認識され、思った
通りに表示がされない事があります。

wordpressで投稿記事のパーマリンクを自由にカスタマイズする

ご存知の方も多いと思いますが、備忘録も兼ねpostします。

custom permalinks

これをインストールして有効化するだけで、投稿記事の上部に

パーマリンク設定できる入力欄が表示されます。

使い方は、デフォルトの表示を消去して希望のパーマリンクを

入力するだけです。

SEO対策にもいいですね。

※気付いた事を追記

custom pemalinksを有効化すると、ページのパーマリンクが

編集できなくなります。

編集はできるが表示されない。

回避するには、custom pemalinksの有効化を外し、

ページのパーマリンクを変更、そして再有効化すればできます。

ページのパーマリンクを変更する場合は、一時解除が必要です。