Google 4/21 スマホ対応をランキングの要因に組み込むことを決定。で、どうすれば良いか?

ご存知の方も多いと思いますが、GoogleのWebmaster Central Blog日本語)で、2015年4月21日にスマホ対応をランキングの要因に組み込むことが発表されました。

wcb

SEOに関係する人たちがブログやSNSなどで広報されているので、この場での説明は割愛させていただきます。

で、どうすれば良いか?

レスポンシブにすれば良いの?スマホ専用サイトで良いの?スマホに最適化していればコンテンツはペラッペラッでも良いの?PCとスマホで順位が異なるってこと?など、疑問(??)だらけです。
この後にGoogleからヒントが出されるのでしょうか?注目です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【更新】とにかく↓でモバイルフレンドリーであればOkとのことです。
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ただ、現時点で気になるのは、「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」メール(Googleウェブマスターツール)です。

モバイルユーザビリティ

当社でGoogleウェブマスターツールに登録しているサイトは90くらい。そのうち、レスポンシブやスマホ専用サイトなど、スマホに最適化しているのは40くらい。

残りの50サイトに対しても「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」メールが届くのかと思いきや、実際には画像の通り12通。

しかも、この12通のサイトは「へなちょこ」サイトで、SEOも何もありません。どうぞ順位を落としてください。

こんなサイトにメールを送るのなら、もっと送るべきサイトがいっぱいあるでしょ?明らかにへなちょこ狙い撃ちの感じがしてならないんです。

ビックキーワードで1位を獲得していて、スマホに最適化していないサイトがいくつかあるのに、そのサイトには「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」メールが届かない(??)

これをどう考えるか、悩ましいです。

003

参考:アルゴリズム

まずへなちょこサイトに導入して、順次上位サイトを加えていくのかも知れませんね。

当社で運営しているサイトはせっかくの機会なので、何もせずに順位がどう変化したかウォッチする予定です。その結果は、またこのブログで報告します。

ただ、モバイルユーザーに対してモバイル対応するのは、SEOに関係なく、事業者として当然のことなんですよね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【更新】情報がかなり集まってきました。

・検索順位はGoogleのモバイル検索のみ影響がでる
・ウェブマスターツールのメールが継続して送信されてきている

モバイルの比率が高いサイトは急いで対応する必要があります。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑