カテゴリー別アーカイブ: SEO対策

Google 4/21 スマホ対応をランキングの要因に組み込むことを決定。で、どうすれば良いか?

ご存知の方も多いと思いますが、GoogleのWebmaster Central Blog日本語)で、2015年4月21日にスマホ対応をランキングの要因に組み込むことが発表されました。

wcb

SEOに関係する人たちがブログやSNSなどで広報されているので、この場での説明は割愛させていただきます。

で、どうすれば良いか?

レスポンシブにすれば良いの?スマホ専用サイトで良いの?スマホに最適化していればコンテンツはペラッペラッでも良いの?PCとスマホで順位が異なるってこと?など、疑問(??)だらけです。
この後にGoogleからヒントが出されるのでしょうか?注目です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【更新】とにかく↓でモバイルフレンドリーであればOkとのことです。
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ただ、現時点で気になるのは、「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」メール(Googleウェブマスターツール)です。

モバイルユーザビリティ

当社でGoogleウェブマスターツールに登録しているサイトは90くらい。そのうち、レスポンシブやスマホ専用サイトなど、スマホに最適化しているのは40くらい。

残りの50サイトに対しても「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」メールが届くのかと思いきや、実際には画像の通り12通。

しかも、この12通のサイトは「へなちょこ」サイトで、SEOも何もありません。どうぞ順位を落としてください。

こんなサイトにメールを送るのなら、もっと送るべきサイトがいっぱいあるでしょ?明らかにへなちょこ狙い撃ちの感じがしてならないんです。

ビックキーワードで1位を獲得していて、スマホに最適化していないサイトがいくつかあるのに、そのサイトには「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」メールが届かない(??)

これをどう考えるか、悩ましいです。

003

参考:アルゴリズム

まずへなちょこサイトに導入して、順次上位サイトを加えていくのかも知れませんね。

当社で運営しているサイトはせっかくの機会なので、何もせずに順位がどう変化したかウォッチする予定です。その結果は、またこのブログで報告します。

ただ、モバイルユーザーに対してモバイル対応するのは、SEOに関係なく、事業者として当然のことなんですよね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【更新】情報がかなり集まってきました。

・検索順位はGoogleのモバイル検索のみ影響がでる
・ウェブマスターツールのメールが継続して送信されてきている

モバイルの比率が高いサイトは急いで対応する必要があります。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

サイトの表示速度はコンバージョンに影響する

ネット広告の最新情報を得るために、6月4日(水)VALUE CREATIONさんの「穴だらけのWebプロモーション~12の施策必勝ポイント!」に参加してきました。

トスラブ山王健保会館
セミナー会場:溜池山王駅徒歩3分トスラブ山王健保会館

セミナーはメディア(Yahoo!)と販売代理店(VALUE CREATION)のプロモーションセミナーなのでYahoo!押しですが、コンテンツは無料の枠を超えた非常に濃いものでした。
特に面白いと感じたポイントをご紹介します。

<サイトの表示速度はコンバージョンに影響する>

サイトの表示スピードはSEOに影響するのか?これは直接的には影響されませんが、ほぼ同一コンテンツであれば「表示スピードが速い方」を優先すると伝えられています。余談ですが、表示スピードはどこからどこのスピードなのか?がポイントです。「閲覧者とWEBサーバー」「GoogleのサーバーとWEBサーバー」といったように、物理的な距離が異なれば表示スピードも異なります。

さて、話を本題に戻すと「サイトの表示速度はコンバージョンに影響する」とのことです。アメリカのマーケティング会社の調査では、サイトパフォーマンスが1秒遅くなると

・ページビューが11%下がる
・コンバージョンが7%下がる
・顧客満足度(cs)が16%下がる

という結果になったそうです。

表示スピードの改善はSEOの観点に加えて、コンバージョン率にも影響する重要な要素として捉えるべきですね。

セミナー会場

<表示スピードの確認方法と改善点>

表示スピードの確認と改善は、Google DevelopersにあるPageSpeed Insights(https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/)を参考にしてください。

なお、このセミナーの後は、Google Analyticsのセミナーで、株式会社アピリッツさんに伺いました。こちらの内容は、後日この場で報告します!こちらも面白い内容になりますよ。

SEO対策に有効なコンテンツ

ホームページやブログのコンテンツは、文語調から口語調に変更しよう。

あなたは誰よりも優れたコンテンツを作ろうとして、無理に難しい言葉を多用したり、専門用語を並べたりしていませんか?

ライバルサイトやライバルブログが難しい言葉を並べていると、自分も同じレベルか、それ以上の専門用語や単語を使用して肩ひじを張ってしまいます。

しかし、あなたのコンテンツを読む、触れる人たちのレベル(その時の理解度)は様々で、全くの未経験、初めての人から、あなたよりも優れたスキルを持った人まで幅広いはずです。

多くの人は自分と同列か、ちょっと上の人に認められたい(承認欲求)がためにコンテンツを難しく書こうとしてしまいまいますが、それは誤りです。

なぜなら、あなたよりも優れたスキルを持った人は、あなたのコンテンツに触れる機会は殆どないのです。学ぶことが少ないから・・・。
これは私も同じです。

上の人を気にしてコンテンツを作るのではなく、あなたが通ってきた道を今歩いている人たちに、やわらかで読みやすい口語調で文書を作成してみて下さい。

あなたのライバルサイトが難しく書いてあれば書いてあるほど、あなたのホームページやブログの魅力が増すはずです。

太陽

介護業界の無料コンサルティング

現在実施している「無料コンサルティング」に参加されたお客様をご紹介します。

社名やサイトのURLは伏せさせて頂きますが、介護領域で人材採用に関する成功報酬型のサービスを提供されている法人様です。

介護施設の人材ニーズ(求人募集)をサイトで募集し、採用が決定されれば介護会社から成功報酬を得るというビジネスモデルです。大手企業も参入し、ビジネスとしても、SEOとしても難易度の高い領域です。

しかし、代表者の高い志は「難しい」という言葉では折れることなく、この事業を必ず成功させる、という強い意志を感じました。

<現在の状況>

  • オリジナルドメイン(2013年9月取得)
  • 2,000件弱の求人情報が掲載されている
  • 求人情報ページは殆どがコピペページである
  • 異なる点は、職種、雇用形態、勤務地など
  • ウェブマスターツール、アナリティクスはこれから設定

サイトのカットオーバーは2013年12月なので、短期間に多数の求人情報が登録されました。また、今後も求人情報は伸ばしていくことができるそうです。

しかし、このサイトに登録されている求人情報は5社しかなく(1社約400件)、その全てがコピペページでした。ちなみに、個々のページで異なる部分は、職種と雇用形態、勤務地などです。

情報件数を集めれば「人」が集まる、というリクルートモデルはリクルートの様な大手企業であれば成功します。なぜなら、莫大な広告費でブランド力を高め、多くのアクセスを集めることができるからです。

私たちの様な中小企業はどんなに情報件数を大量に集めてサイトに反映しても、それだけでは「人」を集めることはできないのです。

<そこで、今回の戦略>

・「職種+勤務地」検索で1位のページを3ヶ月間で100ページつくる

という目標を設定。新規求人の追加を一時ストップし、現在インデックスされている求人広告100ページを「職種+勤務地」の複合キーワードで1位が獲得できるように最適化することにしました。

キーワードの出現頻度はSEOチェキを使って、100キーワードの順位測定はGRCを使う事にしました。

  • 検索順位の確認は、無料で3ドメインまで調査できるGRC

  • キーワードの出現頻度は、無料で調査できるSEOチェキ

ここまでの内容で約60分。

無料コンサルティングの詳細は、こちらの無料コンサルティングのご案内ページをご覧ください。

WordPress-SEOセミナーDVDの販売開始!予告動画をご覧ください!

2013年夏、東京、名古屋、大阪、福岡で開催した「ページランクを上げて上位表示を獲得するWordPress構築セミナー」のセミナーDVDが、全日本SEO協会から発売されました。

このセミナーDVDは、「検索上位を最速で実現させるWordPress SEOの極意」をベースとしたSEO対策のコンテンツとなっています。

3ページのリンク構造を使って、Googleはどの様にページランクを算出しているか?どのウェブページを評価するのか?について詳しく解説しています。

このDVDをご覧いただければ、Googleに評価されるウェブサイトのリンク構造についての正しい知識が習得できます。

Googleの特許文書を解読したページランクの算出方法を、ぜひこのセミナーDVDで習得して下さい。

■DVDのお申込み

ページランクを上げて上位表示を獲得するWordPress構築セミナー

■関連記事

「検索上位を最速で実現させるWordPress SEOの極意」の書評

【解決】Googleウェブマスターツールの手動による対策(画像あり)

早速ですが、手動による対策が解決された画面をご覧ください。

【再審査リクエスト:手動によるスパム対策を取り消しました】

解決

【再審査のリクエスト】

再審査リクエスト

【サイトへの不自然なリンク-リンクへ影響する対策を実施】

手動による対策(部分一致)

このサイトが「手動による対策」のメッセージを受け、再審査リクエストを送信したのが2013年12月18日。そして、「手動によるスパム対策を取り消しました」のメッセージを受けたのが2014年1月7日です。

  • 再審査リクエスト:2013年12月18日
  • スパム対策の取り消し:2014年1月7日

人による返信なのか、それともプログラムによる自動返信なのかは分りませんが1ヶ月以内のスピード回答です。

このサイトは当社のお客様のサイトで、いっさい外部リンク対策を行っていません。内部対策を行い「さあこれからリンク対策を行うぞ」という矢先の出来事。それではなぜ「手動による対策」が実施されたのか?

考えられる要因は、2つ。

ひとつは「悪意なくウェブスパムのリンク構造になっていた」、もしくは「2つ先にウェブスパムのサイトが存在した」です。

要因が前者であれば、サイトのリンク構造を改善した(内部対策)ので手動によるスパム対策が取り消されたのでしょう。

問題は後者です。

Googleは発リンク、被リンク共に「2つ先」までのリンク(URL)をインデックスしています。被リンクはリンク元の被リンクまでインデックスされています。よって、Googleにウェブスパムと判定されたサイトがリンク構造の2つ先に存在するとウェブスパムと判定されることがあるのです。

しかし、このサイトがGoogleの担当者(人)によって手動による対策が行われた可能性は「ない」と考えています。なぜなら、リンク対策を行っていないし、そもそも上位表示されていないからです。Googleは無視していいサイトなのです。

それなのに手動による対策が行われたのは、恐らく「手動による対策の定義は複数ある」と考えるのが自然でしょう。手動による対策には「直接人が対策を行う」ケースと、「対策を実施されたサイトの影響を受ける」ケースがあるということです。

今一度、手動による対策を行った画像をご覧ください。「一部のリンクはウェブマスターが制御できない可能性」について触れられています。

手動による対策(部分一致)

このことから、新規ドメインは安全なリンク構造を作れるので手動による対策を受けにくいということも言えますし、オールドドメインも安全なドメインであれば問題はないのです。

昨年から「リンクはもう終わった」という話を聞くことが増えました。SEOコンサルタントを名乗る方の中にも「リンクは意味がない」と明言される方も増えてきました。こうした方に共通しているのは、リンクを「1本」と考えている方が多いと思います。リンクは1本ではなく、「構造」です。

思い込みでリンクを「解除」「削除」するのではなく、リンクを「構造」として捉えることが重要です。

現在、無料コンサルティングを行っています。SEOのこと、一度ざっくばらんにお話しませんか?無料コンサルティングの詳細はこちら

Googleリーダー終了

Googleの予告通り、2013/7/1(日本2013/7/2)にGoogleリーダーのサービスが終了しました。

Googleリーダー

個人的にはとても残念です。
私は記事は斜め読みしていたのですが、他の方が更新している事実を目の当たりにすることで自分を鼓舞していました。要するに、「あの人、また記事書いてる」というのが、私のブログを更新する動機になっていました。別にGoogleリーダーでなくても良いのですが、長年使っていると愛着が湧きますよね。
歴史を振り返ってみると、2004年頃に現在の大手ブログサービス(Ameba,Livedoor Blog,FC2ブログなど)がサービスを開始してブログユーザーが一気に拡大しました。しかし、twitterやfacebookなどのソーシャルメディアが拡大してブログを書く人、ブログを読む人の人口が減っているんでしょうね。
Google様がサービスを手仕舞うという事は、世界的にこのサービスは使われていなかった、換金化できなかったということでしょう。
とはいえ、後任のリーダーを探さなければなりません。既に使用していますが・・・、私は国産のLivedoorリーダーにしました。Googleリーダーほど使い勝手が良いわけではないのですが、今度は国産でいってみようと。それだけです。

このブログをGoogleリーダーで読まれていた方は、ぜひ別のリーダーにお引っ越し後も登録をよろしくお願い致しますm( )m
この声も今となっては届かないのか・・・。

Googleリーダー

74名の方にご参加いただいた東京・大阪セミナーが終了しました

「検索上位を最速で実現させるWordPress SEOの極意」の出版記念として開催させて頂きました、「ページランクを上げて検索上位を獲得するWoordPress構築セミナー」が、6/6東京国際フォーラム、6/7全日本SEO協会大阪本部にて無事終了いたしました。

セミナーにご参加いただきました皆さまに、この場を借りて改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

東京会場

東京会場には、39名の方にお越し頂きました。

続きを読む 74名の方にご参加いただいた東京・大阪セミナーが終了しました

WordPressのセミナー資料が完成しました。

6/6東京、6/7大阪で開催させていただくWordPress SEOセミナーの資料が完成しました。
当日までに多少の修正は入るかも知れませんが、分かりやすい資料作りができたと思っています。

・6/6 【東京】 10:20-12:15 東京国際フォーラム(有楽町)
・6/7 【大阪】 10:20-12:15 全日本SEO協会大阪本部(梅田)

セミナーの前半では、WordPressがSEOに強い理由を「ページランク」と「Googleウェブマスターツールの5つの指標」を使って詳しく解説し、後半では、その強さを最大限に引き出すための「自社サイトチューニング」と「リンク対策」に応用する手法について解説いたします。
これだけやっておけば大丈夫という「8つの鉄板自社サイトチューニング」をご紹介しますので、ぜひご期待ください!

セミナーの詳細、お申込みは、以下のURLでご確認くださいm( )m

当日、会場でお会いできるのを楽しみにしています!

↓↓↓

ページランクを上げて上位表示を獲得するWordPress構築セミナー

2013/5/23 Penguin(ペンギンアップデート) 2.0 rolled out で1ページ目獲得!

Googleのスパム対策責任者MattCutts氏は、自身のブログでペンギンアップデート2.0を実施したことを明らかにしました。

ペンギンアップデート

ペンギンアップデートは、主にリンク対策に対するペナルティ(取り締まり)です。
私が管理しているサイトにおいても影響がありました。

・1位のサイトに変動はない
・1ページ目のサイトに順位変動はあるが極めて少ない
・2ページ目以降のサイトの順位が10~20位くらい上下変動している
・2ページ目から1ページ目に上位表示されるケースが多い

さすがGoogleですね。
ユーザーにとって利便性の高い(質の高い)上位サイトには影響が殆ど出ていません。
検索ユーザーにとっては、2ページ目以降に影響が出ているので殆ど影響はないでしょう。

鈴木謙一さんの海外SEO情報ブログには、ドメインの多様性についての報告が書かれています。

検索結果ページをめくっていくと同じドメインからの結果ばかりだというフィードバックをもらっている。1ページ目ではそういったことがないようにしているが2ページから後では同じドメインからの結果が出やすくなっている。基本的に、1ドメインからのクラスタリングを見たら次のページからはそのドメインの結果が少なくなるように調整したい。

なるほど。
今回の根っこはココにあるのですね。思想と現実がピッタリ重なります。

ちなみに、私の拙著「検索上位を最速で実現させるWordPress SEOの極意」を入力した検索結果(2ページ目以降)にも影響がありました。昨日までは出版社や当社のウェブサイト、私のブログが2ページ目以降も占有?していたのですが、全く新しいウェブページが表示されるようになりました。自分で言うのもの何ですが、昨日までよりも今日の方が数段良いですね。

そして、このPenguin(ペンギンアップデート)2.0で、いくつかの目標キーワードで「コンテンツSEOの限界」を超える上位表示を獲得しました。

ペンギンアップデート2.0

このウェブサイトは、3月下旬に自作ホームページからWordPressに乗換えをしました。ページランクの上がりやすいリンク構造に変更した結果だと考えています。

さて、困った問題は、こうした中で順位を大幅に落としてしまったケースです。現時点での私の所見は、「サイドバーやフッターなど、クリック率(CTR)の低い被リンクによって順位を担保していたウェブページが順位を落としている」です(おそらく日本のインターネット最大手にSEO対策を任しているサイトは順位を落としているでしょう)。しかし、著書にも書いてありますが、焦りは禁物です。今できる事は、コンテンツの充実です。そこに力を注いでください。

今後の対策については、このブログやメールマガジンでお伝えする予定です。