カテゴリー別アーカイブ: Google Analytics

Google AnalyticsでWordPressのContact-form-7のonfocusを取得する

contact form 7でonfocusのイベントを取得したかったのですが、私のスキルでは叶わなかったのでフォーグローブさんに依頼しました。
お問合わせフォームの固定ページにcontact form 7のショートコードを貼付け、その直下に以下のJavaScriptを直接記述します。

$(function(){
$(“.text-ID input”).attr({
onfocus:”ga(‘send’, ‘event’, ‘form’, ‘inputs’, ‘company’, 1);”})
});
$(function(){
$(“.text-ID input”).attr({
onfocus:”ga(‘send’, ‘event’, ‘form’, ‘inputs’, ‘phone’, 1);”})
});

フォームの数だけ関数を追加すれば値を取得できます。

今すぐ「標準レポート」を卒業したい!GoogleアナリティクスWeb解析の強化書が発売されました

3冊目となる拙著「今すぐ「標準レポート」を卒業したい! Googleアナリティクス Web解析の強化書 」が本日(6/30)から発売となりました。書店などでご覧いただき、気に入っていただければご購入をお願いいたします。

本書には実際のアクセスレポートを大量に使って、カスタムセグメントの「条件」を使ったアクセス解析を解説しています。

例えば、サイトに訪問した会社を特定して、そのユーザーがどんなキーワードで流入してきたか?参照したページは?参照した順番は?など、細かくユーザーの行動を解析しています。
また、みなさんの馴染みのあるところでは、WordPressのContact Form 7のフォームに、マウスが当たった回数を計測するイベントの設置方法も解説しましたので、エントリーフォームの改善にぜひ役立ててください。

Googleアナリティクスで簡単にできるA/Bテスト(ウェブテスト)についても、実際の計測で使用した画面で解説を行っています。

今すぐ標準レポートを卒業したい!GoogleアナリティクスWeb解析の強化書


日本を代表するアナリストの木田さん、小川さん(お会いしたことはありませんが・・・)と同じ画面に並ぶことができました。ちなみに、私のGoogleアナリティクスの師匠は「衣袋宏美」先生と株式会社アピリッツの「福永」先生です。Googleアナリティクスの講座を開催されていますので、スキルアップしたい方は、ぜひ参加してください!


Google Analyticsで時(時間帯別・日別・曜日別)を制する

Google Analyticsの弱点は2つ。

1)1人の行動をフォーカスできないこと
2)時に関するデータがデフォルトにない

と思っています。

1は仕様に関わる話なので私たちにはどうすることもできませんが、2はカスタムレポートを作ることで解決ができます。

■Google Analyticsで時を制するカスタムレポートをつくる!

custom


時刻に関するディメンションは全部で20(or21)あり、コンサルティングで使用頻度が高いものは、「時」「日付」「曜日」です。

時間帯別、日別、曜日別のセッション、コンバージョンなどを調べることで、解析の質が一段上がります。

Google Analyticsの(not provided)のキーワードを調べる方法

結論から言いますと、Google Analyticsの(not provided)で表示されるキーワードを調べる方法はありません。

しかし、ヒントになりそうな解析方法をご紹介します。

■セカンダリディメンションに「ランディングページ」を設定する

not_provided

画像ではランディングページを消していますが、この解析によって(not provided)がランディングページに分解されます。

ランディングページごとに検索キーワードの塊を予測することができるので、ある程度どんなキーワードで流入してきているのかを知ることができるのです。