カテゴリー別アーカイブ: facebook

facebookの企業活用(ファン=見込客のワナ)

これまで、facebookの企業活用コンサルティングとして、

飲食店、整体院、専門学校、生命保険会社、自動車教習所、司法書士など、

多岐に渡る多くの企業様からご相談を頂いて参りました。

その中で、全てのお客様に共通している課題は、

facebookページは「いいね!=ファン」が獲得でき見込客が増える。

と、facebookページを過大評価していることです。

現実はどうでしょう。

日本語で公開されているfacebookページは60,000ページ超あります。

この中で、いいね!の数が「100」を超えているページは30%未満、

70%以上のfacebookページが、いいね!を100も獲得できていないのです。

世の中の流れ・流行に乗ってfacebookページを開設しても、

殆どの企業はいいね!=ファン=見込客は獲得できないのです。

この「現実」と「思い込み」のギャップを目の当たりにし、

facebookの運用から撤退する中小企業が増えています。

そもそもfacebookユーザーは、目的を持ってログインをしていません。

個人のウォールに流れる情報の中から、友達が投稿・シェアした

ハッピーサプライズを期待し、楽しむ程度です。

facebookユーザーが自ら情報を取得しに行くことはあまりありません。

ユーザーの大半がこういった利用状況なので、企業の販促活動は、

facebookユーザーにとってノイズとして受け止められています。

ユーザーの意識を理解した上で取り組む必要があります。

また、ファンを見込客として期待している点に誤りがあります。

それは、自社に売上、利益をもたらしてくれる個人、企業を、

facebookの世界の中だけ「ファン」と呼んでいる事です。

これは企業にとって都合の良い解釈です。

リアルな世界では、企業努力を行って自社のサービス、商品を買って

いただきます。ファンとも呼べるでしょうが、正しくは顧客です。

企業努力があるから見込み客が増える、顧客が増える、のです。

facebookページを開設しただけでは、いいね!を押してくれる

ファン=顧客が増える、とはなりません。

facebookをビジネスで活用する際には、自社の商品、サービスを求める

本当のファンは何処にいるのか?そのファンが望んでいる事は何か?

自社と共感するポイントは何か?を定義することが大切です。

この作業を数多く行ってきて分かってきたことは、

自社のファンは現在の顧客とは異なる、ということです。

中小企業のfacebook活用は、この新しい顧客との出会いに他なりません。

新しい顧客は、今の顧客の延長線上には存在しないのです。

中小企業はfacebookを活用し、新しい顧客との出会いを創り出して下さい。

↓↓↓ facebookでお勧めの書籍です! ↓↓↓

Chapter2の「あなたのビジネスはFacebookにマッチするか?」は必読です。

Facebookに投資するべきか、または後回しするか、の判断材料となります。

日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法

facebookページで成功する会社、失敗する会社

「口コミを起して売上をあげたい」

「セミナーを開催したい」

「生徒募集をしたい」

ソーシャル元年と位置付けられた2011年。

facebookページのビジネス活用について本当に多くのご相談を頂きました。

改めてお礼申し上げます。

本年も既に複数のfacebookページに関するアポイントが決まっており、

またセミナーについてのご相談も頂いております。

本年もソーシャルメディアに関する熱が冷めることはなさそうです。

さて、これからビジネスでfacebookページの活用を検討されている方向けに

成功する会社、失敗する会社(失敗という表現は不適切かもしれません)

の重要なファクターのひとつをシェアさせていただきます。

結論から申し上げると、facebookページの運営実務担当者の「適性」です。

どんな仕事にもある程度、向き不向きがあります。

facebookページ(ソーシャルメディア全般)の運用に関しても同じです。

facebookは「個」と「個」のつながりのサービスです。

そこに「ビジネスの人格」で「個」とつながりを創り出さなければなりません。

故に、「個」と「個」のつながりに長けている人でなければ運営は務まりません。

簡単に言えば、人付き合いの上手な人、人から好かれる人、が適しています。

しかし、現実は「企画室の若手」「人事部のリーダー」「次世代経営者」など、

安易に運営実務担当者が決められています。

ここに問題が潜んでいますので注意が必要です。

適性の見分け方については以下の「ソーシャルの隙間」で自己判定できます。

1.facebookの友達を、自分から申請したグループと友達から申請されたグループに分ける

2.自分から申請したグループをさらにアクションしている友達orしていない友達に分ける

3.2のアクションしている比率が51%以上であれば管理者に適しています

※アクションとは、いいねボタンを押したりコメントしたり自らの行動を指します

※ソーシャルの隙間とは、自分から友達申請した中でアクションをしないゾーンを指します

「自分から友達申請をして、その人の投稿・アクションに反応している人」

は、運営実務担当者に向いています。

「自分から友達申請をしておきながら、その人の投稿・アクションに反応しない人」

は、運営実務担当者に向いていません。

ビジネスでfacebookページを活用する際には、企画・キャンペーン・デザイン・予算の前に、

自社内で最も人付き合いの上手な「運営実務担当者」の人選に注力してください。

情報をシェア(口コミ)するのは人間です。

ぜひ「気づかい」のできる担当者の人選からはじめてみて下さい。

多くのシェアは自社に新しいチャンスを呼び込みます。

↓↓↓ facebookでお勧めの書籍です! ↓↓↓

Chapter2の「あなたのビジネスはFacebookにマッチするか?」は必読です。

Facebookに投資するべきか、または後回しするか、の判断材料となります。

日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法

セキュアな接続を解除しますか?

セキュアな接続を解除しますか?

このページはセキュアな接続ではご覧いただけません。

一時的に通常の接続(http)に切り替えますか?

ログインし直すとセキュアな接続に戻ります。

facebookのDeveloper Roadmapで開示されていた、

SSL認証の10/1となりました。

SSL認証されていないfacebookページは文頭のアラート

が表示されます。

これは9/30までと同じ状況なので、今考えられる事は

まだ反映がされていないか、個人のセキュリティレベルの

デフォルトがセキュアな接続に変更になったか、の

いずれかと思います。

いずれにしても、解決策はSSL証明書を取得し、

アプリにhttps~で始まるドメインを記述すれば解決

されます。

セキュアなタブURLを更新してください

facebookの仕様が変更になるらしい。

今回はfacebookページをiFrameで制作している場合、

サーバーがSSL認証されていなければならないようだ。

SSLとは(Secure Socket Layer)の略で、

Netscape社が開発した暗号化プロトコル。

ポイントは、送信情報の暗号化とサイトの信頼性です。

この認証を受けるには、数万円の年額費が必要なので、

細かなことが面倒な方は、SSLサーバ証明書を取得して

いる制作会社に依頼するのが簡単でしょう。

もちろん、当社も取得済みです。

facebookは実名登録が基本です。

個人情報の扱いについてはユーザーのセキュリティ意識

も高いので、今後益々情報発信者の身元の証明は必要に

なってくるでしょうね。


facebookのセキュリティ設定画面(facebook推奨)

中小企業のfacebook活用

中小企業のfacebook活用を、

「投資」と「リターン」の関係性で捉えれば、

「日本語圏で事業を営んでいる」

「ホワイトカラー系の中小企業」

の成功事例は少ない。

逆に、

「日本語圏」から

「英語圏」にビジネスを展開している企業

の成功例は多い。

また、

「店舗を持っている」

お店は「チェックインクーポン」

を発行して集客につなげているケースも増加してきた。

そして、 続きを読む 中小企業のfacebook活用

facebookのチェックインクーポンを設定してみた

8:00に友達8人と一緒に当社でチェックインして頂くと、

缶ジュースを1本プレゼント!

というクーポンを発券してみた。

その所要時間、なんと1分!

いいぞ、簡単だぞザッカーバーグ!

手順は以下の通り。

①利用開始ページでクーポンを作成をクリック

②これが設定画面

③クーポンの詳細を入力。リアルタイムでクーポンが見れる!

ただし、facebookの審査あり!

メールで1週間以内に審査結果を返答するとのこと。

そりゃそうだ。

今回のクーポンは、7/10の8:00から当日の8:00限定なので、

審査落ちるかな~。

クーポンを発券してしまうと審査が終了するまで変更できないので、

申請される際はご注意ください。

併せて、審査が必要なので計画的に利用して下さい。

↓↓↓ facebookでお勧めの書籍です! ↓↓↓

Chapter2の「あなたのビジネスはFacebookにマッチするか?」は必読です。

Facebookに投資するべきか、または後回しするか、の判断材料となります。

日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法

facebookのスポットを編集する

この記事はオーナー向けに書かれています。

①まずfacebookの個人IDに会社のメールアドレスを登録します

右上のアカウントからアカウント設定を選択

メールアドレスの新しい連絡先メールに会社のメールを追加

②スポットのオーナーであることの申請

スポットのfacebook画面左下「このスポットのオーナーの方」を選択

これからスポットのオーナーであることをfacebookに申請します

必要事項全てに入力します

ここで冒頭に設定した会社のメールアドレスを入力します

③これ以降の作業

・facebookからメールが届きアドレスをクリック

・3日以内に審査してくれるということなので待つ

(ちなみに私は15時間後くらいでOKもらいました)

さて、実際のスポットfacebookページは、facebookページをお持ちで

あれば、その要領で簡単に編集が可能です。

facebookページを編集されたことがない方は、基本情報を変更する

を選択すると、直感的に編集する事が可能です。

※Point!

スポットの地図のポイントの場所もこの手順で変更可能です。

但し、編集する時の地図の縮尺が浅く、勘に頼ってポイントを

修正する必要があります。

ここは直して欲しいなぁ。

↓↓↓ facebookでお勧めの書籍です! ↓↓↓

Chapter2の「あなたのビジネスはFacebookにマッチするか?」は必読です。

Facebookに投資するべきか、または後回しするか、の判断材料となります。

日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法